新機能 イベント詳細画面に「参加者への情報」欄を追加しました。イベント管理者、発表者、参加者(抽選中や補欠は除く)だけに表示されるフィールドです。詳しくはこちら

新機能 オンラインイベントが検索できるようになりました。オンラインイベントとして検索できるようにするには こちら をご確認ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

Feb

29

Processing勉強会 #32

「数学から創るジェネラティブアート 著:巴山 竜来」を理解する

Organizing : 山本 龍司

Registration info

ノートPC持参 テーマ学習

1000(Pay at the door)

FCFS
3/5

Description

1. テーマ学習

今回も「数学から創るジェネラティブアート」(著者:巴山 竜来)の書籍から「第6章 合同な数」を理解していきます。書籍からもダウンロードできるサンプルがありますので、そこから予習してもらっても構いません。 イベント用もサンプル( Sample )を用意し、これをベースに学習を進めますので、ダウンロードしておいてください。(サンプルのアップロードはイベント直前になることもあります。気長にお待ちください。)

2. 課題

課題のキーワードは「落下(重力)」and/or「記号」です。

・提出方法は、OpenProcessing にアップロードしても、当日持参してもどちらでもOKです。

・課題提出先のURLは、Facebookグループ「Processing部」やツイッターに置いてあると当日紹介しやすいです。

・課題を1から作るのが難しい場合は、これまでのサンプル( Sample )や、勉強中の書籍、ウェブにあったコード例から、キーワードを取り入れて改造するだけでもOKです。その際、出典を示してくださいね。

・課題を製作できない場合は、キーワードに関連する作品を見つけてきて、自分の気に入ったポイントを紹介ください。Webサイト OpenProcessing や、キーワード "generative art" 等で検索すると色々みつけることができます。

3. 内容

1.課題紹介

  • 工夫した点、努力したところ、うまく出来た/出来なかった箇所、などを説明。
  • 気に入った作品は、どういった点が興味を惹かれたか、などを紹介。

2.テーマ学習

  • サンプル( Sample )をベースに説明をします。
  • テーマ学習のサンプルを、自分なりにアレンジしてみます。
  • 適宜 途中休憩など。

3.学習テーマに沿って自由に製作と紹介

4.次回に向けて

  • 課題のキーワードの決定
  • 学習テーマの相談。

4. その他

終わってから軽くお茶に行くかもしれませんので、ご都合のつく方はお声かけください。

イベントに行った方、イベントにこれから行く方、最近の見聞きした面白い情報などありましたら教えていただけると嬉しいです。

共用スペースですので、音や話し声が大きくなりすぎないようにしましょう。

飲食可能ですが、ゴミは持ち帰りましょう。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

たつ

たつ published Processing勉強会 #32.

02/02/2020 21:27

Processing勉強会 #32 を公開しました!

Group

Processing部

Number of events 16

Members 17

Ended

2020/02/29(Sat)

15:00
18:00

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2020/02/02(Sun) 21:27 〜
2020/02/29(Sat) 18:00

Location

ベースキャンプ名古屋

愛知県名古屋市中村区名駅3丁目18-5 モンマートビル5階

Organizer

Attendees(3)

EKey2210

EKey2210

Processing勉強会 #32に参加を申し込みました!

JunKiyoshi

JunKiyoshi

Processing勉強会 #32 に参加を申し込みました!

suzukimika

suzukimika

Processing勉強会 #32に参加を申し込みました!

Attendees (3)